リノベーションのプロ集団!Y.M.Gが

トレーラーハウスの販売開始

Trailerhouse imagePV

トレーラーハウスの仕様

歴史〜移動・設置方法〜電気・ガス・水道、税金に関わる話

トレーラーハウス・施工手順1
トレーラーハウス・施工手順2
トレーラーハウス・施工手順3
トレーラーハウス・施工手順4
トレーラーハウス・施工手順5

    

トレーラーハウスの基本ベース仕様

トレーラーハウス各種仕様スペック

    

トレーラーハウスの基本ベース仕様をトイレにリノベーション

下記の写真は左がベース車両で右がイメージ写真(お客様の仕様によって異なります) ビフォー・アフター

トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・トイレ仕様1
トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・トイレ仕様2

    

トレーラーハウスの基本ベース仕様を焼鳥屋にリノベーション

下記の写真は左がベース車両で右がイメージ写真(お客様の仕様によって異なります)ビフォー・アフター

トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・店舗タイプ(焼き鳥屋)
トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・店舗タイプ(ハンバーガー屋)

    

トレーラーハウスの基本ベース仕様をカフェにリノベーション

下記の写真は左がベース車両で右がイメージ写真(お客様の仕様によって異なります)ビフォー・アフター

トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・飲食施設タイプ(カフェ)1
トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・飲食施設タイプ(カフェ)2

    

トレーラーハウスの基本ベース仕様をオフィスにリノベーション

下記の写真は左がベース車両で右がイメージ写真(お客様の仕様によって異なります)ビフォー・アフター

トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・オフィスタイプ1
トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・オフィスタイプ2

    

トレーラーハウスの基本ベース仕様をプチ宿泊施設にリノベーション

下記の写真は左がベース車両で右がイメージ写真(お客様の仕様によって異なります)ビフォー・アフター

トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・宿泊施設1
トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・宿泊施設2

    

トレーラーハウスの基本ベース仕様を美容室にリノベーション

下記の写真は左がベース車両で右がイメージ写真(お客様の仕様によって異なります)ビフォー・アフター

トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・美容室タイプ1
トレーラーハウス・デフォルト仕様
トレーラーハウス・美容室タイプ2

トレーラーハウス

自在なオフィス空間、新たなビジネスの可能性

トレーラーハウスの
よくある質問Q&A

リノベーションのプロ集団!Y.M.Gがトレーラーハウス販売開始!

事業者にとっての税金対策になりますか?

トレーラーハウスは一部の事業者にとって税金対策の一環として活用されることがあります。例えば、トレーラーハウスを事業用のオフィススペースとして利用する場合、一部の経費を控除として計上できる可能性があります。

ただし、具体的な税務処理は地域や事業の種類に応じて異なるため、詳細については経営コンサルタント(中小企業診断士)によるサポートがおすすめです。当社では、経営コンサルタントがお手伝いさせていただきます。

電気・ガス・水道などのライフラインはどうなりますか?

トレーラーハウスは、通常の住宅と同様に電気および上下水道のライフラインを利用できますが、注意すべきは「随時かつ自由に移動可能」な条件を満たす必要があることです。

そのため、設備の接続および取り外しを工具を用いずに行えるような方法を整備する必要があります。また、ガス供給については都市ガスではなく、プロパンガスを使用することが一般的です。

不要になったトレーラーハウスは、買い取りによる引き取りはできますか?

もちろん、不要になったトレーラーハウスは当社での買取りオプションがご利用いただけます。当社では、他社製のトレーラーハウスについても買取りを行っております。

さらに、他社製のトレーラーハウスを現在の用途から異なる用途にリノベーションすることも可能ですので、ぜひその際にもご検討ください。

トレーラーハウスの使用用途を教えてください。

トレーラーハウスは多岐にわたる用途に利用可能です。例えば、喫茶店、カフェ、美容院、パン屋、マッサージ・整体院、ネイルサロン、スポーツクラブ、ドッグラン、学習塾、レンタカー、中古車ショップ、キッズルーム、運送業の事務所や商談ルーム、ホテル、キャンプ場など、幅広い宿泊施設に適しています。

トレーラーハウスの広さは限定されていますが、アイディア次第で無限の可能性が広がります。

ご相談する前に準備しておいたほうが良いものはありますか?

弊社にご相談いただく前に、施工に関するイメージやご希望をお聞かせいただければ、まず現場にてドローンを使用し、上空からの視点を活用してプロジェクト全体の把握を行います。

その後、お客様の具体的なイメージをもとにCGパース図を作成し、見積もりから施工段取りまでを詳細に計画いたします。また、工期や予算が既に決定されている場合、それに合わせてスムーズに施工を進めることができます。何かご質問やご不明点がありましたら、どうぞお気軽にお知らせください。

木造のトレーラーハウスと鉄骨のトレーラーハウスの違いは何んでしょうか

木造トレーラーハウスと鉄骨トレーラーハウスの主な違いは、窓の設置に関する制約です。鉄骨トレーラーハウスは、骨組みが頑丈で耐久性があり地震にも強いのが魅力、窓の位置に柔軟性があるため、どこにでも窓を設置できます。

一方、木造トレーラーハウスは、木の構造的な制約により、窓の設置場所があらかじめ指定されていることが一般的です。この制約により、窓の配置には限界がありますが、木造トレーラーハウスはより自然な温かみを持ち、デザインにおいて特有の魅力があります。選択の際には、窓の柔軟性とデザイン性を重視するのかを考慮するとよいでしょう。

木造トレーラーハウスの弱点は何ですか?

木造トレーラーハウスの弱点はいくつかあります。まず第一に、木造構造は耐久性に欠けるため、長期間の使用や過酷な気象条件によって劣化する可能性があります。木材は腐食や虫害に対しても脆弱であり、十分なメンテナンスが必要です。

さらに、木造トレーラーハウスは断熱性に課題を抱えています。木は金属やコンクリートに比べて熱伝導率が高く、気温の変化に敏感です。そのため、季節ごとの温度変化に対応できず、居住スペース内の温度管理が難しいことがあります。

また、火災のリスクもあります。木造構造は燃えやすく、一度火災が発生すると迅速に広がる可能性が高くなります。これはトレーラーハウスの居住者にとって重大な危険です。さらに、木造トレーラーハウスは耐震性にも欠けています。地震や他の地殻変動が起きた際に、木構造は崩壊しやすい傾向があります。

これらの弱点を克服するために、適切な木材の選択と定期的なメンテナンスが不可欠です。耐久性、断熱性、火災対策、耐震性を向上させるための補強や改良が重要であり、安全性と快適性を確保するために最善の努力が求められます。

木造トレーラーハウスの断熱性はどうですか?

木造トレーラーハウスは一般的に断熱性に課題を抱えています。金属やコンクリートに比べて熱伝導率が高く、季節ごとの温度変化に対応できず、居住スペース内の温度管理が難しいことがあります。断熱材を適切に取り入れることや二重窓の使用などで改善できます。

トレーラーハウスで飲食店の営業許可は取れるの?

保健所で営業許可を取得できます。

減価償却は何年ですか?

トレーラーハウスの税制区分は大まかには自動車に分類され、その中でも牽引される車両(動力を持たない自動車)に該当します。

減価償却期間は最短で4年、最長でも6年となり、これは一般的な建築物と比較して非常に短い期間です。したがって、トレーラーハウスを事業用途として利用する場合、節税効果があることになります。

業種別トレーラーハウス

トレーラーハウス・店舗タイプ
トレーラーハウス・オフィスタイプ
トレーラーハウス・トイレタイプ
トレーラーハウス・宿泊施設タイプ
トレーラーハウス・美容室タイプ
トレーラーハウス・飲食施設タイプ